Easier Cleaning

ハウスクリーニングに依頼しよう|ピカピカの部屋になる

遺体のあった部屋の清掃

依頼する前のポイント

紙幣を持つ人

遺体は発見されるのが遅れると腐敗して室内を著しく汚染しますし、また事件や事故によって血液などが飛び散っても同様に著しく汚染されます。
そのような特殊な環境下の部屋を清掃する作業のことを特殊清掃といいます。
特殊清掃の目的は体液などによって著しく汚染された部屋を綺麗にすることであり通常の清掃では綺麗にすることができないものをきれいにすることができます。
特に体液による汚染は専門のノウハウが必要になってきますし、また清掃が不十分であれば臭いが残ったり、害虫が発生するといったことが起こるため、特殊清掃による徹底的な清掃が必要です。
特殊清掃を依頼する前のポイントとしては、経験が豊富である業者を選ぶ必要があります。
ノウハウが不十分であれば清掃が不十分といった結果になります。
作業の手順としては、不要な家具を搬出してから徹底的な清掃を行います。
体液が染み付いているカーペットや畳なども処分されます。
場合によっては床や壁、天井といった建材も処分するケースもあります。
その上でオゾンや消臭剤を使って臭いを取り除きます。
特殊清掃にかかる費用は、状況によって変わってきます。
軽度な特殊清掃であれば6万円前後が費用相場ですが、重度の特殊清掃の場合には費用が20万円を超えてくることも多くなりますが1部屋あたりは50万円前後が上限といえます。
ただ特殊清掃では1部屋単位で作業するため複数の部屋が汚染されている場合にはそれだけ費用も高くなります。

利用までの流れ

女の人

忙しくて掃除に手が回らないとき、ハウスクリーニング業者に依頼する人が増加傾向にあります。
自宅の掃除を済ませるために文京区でハウスクリーニングを招く場合、まずは大まかな整理をしておくと良いでしょう。
細かく掃除をする必要はありませんが、自宅の中で人に見られたくないものはしまっておきます。
またハウスクリーニングの人が通り辛いように物が置かれている場合、ある程度道を作っておけば掃除にかかる時間を省けるのです。
ハウスクリーニング業者の中には掃除に使用するスポンジや洗剤を利用者に用意してもらう場所があります。
こうした手間を省きたい時は、文京区で仕事を依頼する業者を良く選びましょう。
特に地球環境に気を使っているハウスクリーニング業者であれば、エコ洗剤を取り入れています。
 掃除後に出る汚れが気になる方はこのような配慮のあるハウスクリーニング業者が安心です。
またエアコンのように全室に空気を送る家電製品を清掃してもらう際も、ペットや子供の安全を考えた洗剤を使用してもらいましょう。
文京区でハウスクリーニングを利用する際は、インターネットで理想的な業者のサイトを見つけ出します。
掃除してもらえる箇所から費用の支払い方法まで確認して選びましょう。
業者を定めたら、サイトのフォーラムから仕事依頼の申し込みを行います。
文京区で実際に申し込みをする前に見積額を出してもらうことになりますから、安心です。
また掃除に取り掛かる前に実際に会って打ち合わせしてくれる業者を利用すると良いでしょう。

特殊クリーニングを頼む時

ウーマン

身内が亡くなった時の状態により特殊清掃が必要になるケースがあります。
特殊清掃は何度も経験することではないので、初めて業者に依頼する方もいるでしょう。
特殊清掃の一番の問題はニオイです。
遺体の発見が遅ければ遅いほどニオイが染み付いてしまい、通常のクリーニング業者が使う消臭剤ではニオイは取れません。
故人が賃貸物件に住んでいた場合は、ニオイが取れないと管理会社から了解が得られず、原状回復費用が加算されてしまいます。
ですから、消臭の知識と技術を持つ専門業者に依頼した方が安心です。
ただし、専門業者によって費用が異なるので3〜4社から見積もりを取ることが重要です。
見積もりは無料で行っている業者が多いのですが、条件付きで無料にしているところや有料見積もりの業者もいます。
見積もり費用を業者に確認してから依頼することが大切です。
選び見積もりを見るときとポイントは、特殊清掃と遺品整理の費用総額です。
業者の中には特殊清掃のみを記入して、遺品整理費用、リフォーム費用を追加請求してくるところがあります。
特殊清掃の総額はいくらになるのか、追加料金が発生しないかなどしっかり確認しておきましょう。
また、他の業者よりも高額費用を請求する業者や見積もり無しで直ぐに作業する業者もいます。
必ず、見積もりを取って、費用に納得してから作業を依頼しましょう。
故人が亡くなった部屋は、死臭などの強いニオイとハエやゴキブリなどの害虫が繁殖している場合が殆どです。
入室の必要がある場合は、マスクや手袋をして業者と一緒に入ることが大切です。